カテゴリ:

「世界へはみ出す」金城拓真
これもおもしろかったのでシェア

この本のためになった言葉ベスト3

  1. 日本人ブランドは海外で強い
  2. 銃で打たれても実際なかなか当たらない
  3. 正しいことなんて国が変わればあやふやになる
いや、金城拓真さん。そうです。沖縄の人です。
アフリカでビジネスを展開しグループ全体で300億円以上の売上をあげています。
本当、面白いですよ。なんか読んでて癒されました。

日本人ブランドは海外では強い

途上国では、大臣も大金持ちもみんな日本人と関係を持ちたい人がなぜか
多いんです。
で、そこからビジネスを派生させることももちろん可能。
そうなんですね〜。
ということは、アフリカに行くといきなり大臣や大金持ちと友達に
なっちゃうことも可能ってことですね〜。
日本で考えたらこれすごいことですよ。
 

銃で打たれても実際なかなか当たらない

拳銃だと命中率がすごく低いので、10メートル以上離れていたら、
立ち止まって手を上げるより、一目散に逃げるほうが
助かる確率が高いんです。
アフリカってやっぱり怖いっすね。商売敵に銃で狙われたりするそうです。
でもこんな知識、アフリカに行かないと役に立たないかもですね;

正しいことなんて国が変わればあやふやになる

日本や先進国から進出している企業が陥りがちなのが、「俺のやり方は
正しい!だからアフリカでもそれを実践しよう!」という考え方です。
そんな考えだと失敗する確率が跳ね上がっちゃいます。
そもそも正しいことなんてあやふやで、それこそTPOに応じて変化する
ものだとおもいます。 
そうなんですね。日本の成功事例をそのまま持っていってもうまくいかない。
その国の状況に合わせてやり方を変えていかないと失敗しちゃうんですね。

これはおれたちは先進国なんだ、こっちの考え方のほうが優れている
という先入観とかがあると、まずだめになっちゃうってことですね。

まずは土地の人と話して、どうゆうことを必要としているのか
見極めてそこからビジネスをいちから展開していくといった姿勢が
必要かもしれません。

まとめ

この本は、沖縄出身の人が書いた本だからってなわけではないと思うのですが、
とても文体とかが自然体な感じで読みやすく楽しく読めました。
こちらも経営者・個人事業主、海外でのビジネスなど考えているかたにおすすめの本だとおもいます。


Kindle版