カテゴリ:
私は転職常習犯ですが、
偉いことに業種は変えなかったので、
順調にキャリアアップすることができました。

そして、大概面接ではホラを吹いて、
できないことも「できる」とか「得意」
とかっていって、自分の持ってるスキルよりレベルの高い会社に潜り込むことに成功しました。

もちろん、このパターンだと入ってから怒られます。
「おまえ、面接で言ってたことと全然違うじゃねーかよ!」
みたいな感じで(・・;)

ただ人様は本当に愛があふれているので、そうゆう子でもすぐクビにはせずに、できるところを見つけて使ってくれました。ありがたや〜。
しかも、給料も面接の条件とそのまま!
ありがたや〜ありがたや〜。

そこまでしてもらったので、
申し訳ない気持ちと焦りで、
私は必死でレベルアップに励みました。

いただいた給料で本を買ったり、
家でも勉強したり、
起きている内は常に仕事のことを考えていました。

それでもスキルを習得して、
その会社でも戦力として回りはじめても、私はすぐに転職をしてしまって(・・;)

またさらに高いレベルを求めて。
というか、単なる飽き性なのかもしれません。

限界は3年ですね。
変化を求めてしまう性分です。

本当に企業側からしたら、採用したくない人材かもしれません。

でも個人的には、なんも後悔はありません。転職いっぱいしたことも、面接でホラを吹いたことも。
(職場の方々には迷惑をかけましたが(・・;))
すべてが自分の実になっています。

むしろ、これをしなかったほうが悔いが残ったかなと。

なんで、みんなどんどん転職して、
面接でもガンガン自分を大きくみせてください!そのヤル気が大事なのだ!

そうゆうお話でした。