カテゴリ:
今日、仕事終わってから無性に釣りがしたくなって釣りに行った。

前日も行ったのだが、全く釣れずリベンジしたかったのもある。

そして、釣行を始め、昨日と同じく風邪が強く釣りがしずらい。
しかし、それでも投げる。

中潮で夕方の満潮にむかう上げ潮の時だった。

この間釣れたポイントに投げ続けたが、当たりが全く来ず、これはだめだとポイントを変えて投げる。

すると、すぐにチョンと当たりが
しばらく待つとまたチョンチョンと、
エサ取りかと思ったが、
ウキがぐーっと沈んだ、
それでも慌てず、合わせを待つ、
1、2、3と数えたところで
ぐいっと、竿をたてる。

竿はぐぐっと当たりを捉えた!

中々の引きだ!けっこう重たいぞ!

ゆっくりと慌てずリールを巻き、
竿を立て、こちら側に引き込む。

アドレナリンは出まくり、
仕事の疲れはその瞬間には吹っ飛んでいた。

引き揚げた時、思わず向こう側のビーチで遊んでいた嫁と息子に、
「釣れたぞーー!」と叫んだ。



IMG_5379.JPG

20〜25cmぐらい。
宮古島で釣ったので一番でかい。(情けないが)

今晩は、こいつを刺身と荒汁にしていただいた。

釣った魚の旨さはスーパーで買う魚を完全に凌駕する味。

刺身の身はコリコリしていて魚臭さも全くなく磯の香りが爽快に鼻をつきぬけるような味わいがある。

あら汁のスープは本当に心にホッと染み渡る優しく奥深い味。塩と醤油しか入れていないのにこの旨味、半端ない。あら汁の火を通した身もほくほくでふわふわの食感でスープとともに舌から喉、胃袋の中にほわ〜っと、ゆっ〜くりと染み渡っていくような感覚を味わうことができた。

食べた後には思わず、ふ〜っと今日一日がんばった自分へのご褒美のように、ありがたい気持ちで心が満たされていた。

釣った魚は本当に感謝して食べることができる。

これも釣りの醍醐味なり。